豚コラーゲンの怖い副作用とは。

豚コラーゲンの怖い副作用とは。

豚コラーゲンの怖い副作用とは。

コラーゲンは、体のいたるところに存在するタンパク質なので、基本的には大量に摂取しても問題はないのですが、豚コラーゲンなどの動物由来のものに関しては、副作用でアレルギーが出たり、太る場合があります。
もともと体質的に、豚アレルギーをもっている場合は、摂取する際に注意が必要です。
経口摂取に関しては、重篤な副作用は報告されていませんが、豚コラーゲンの摂取により蕁麻疹が出たりする場合も稀にあります。
その様な場合には、アレルギーの原因となりうる成分が少ない海洋性由来のものに、切り替えた方が良いでしょう。
また、美容クリニックなどで施される豚コラーゲン注射によって、赤く腫れたり跡が残ったりする副作用が出る場合もあります。
他にも、豚コラーゲンの副作用で太る場合があります。
豚肉から豚コラーゲンを摂取しようとすると、食べる時に一緒に吸収される脂質もあるため、それによって太るという事は珍しくありません。
肌の調子が悪い時には、いつもより多くのコラーゲンを摂取しがちですが、過剰摂取になればニキビが出来たりする副作用も出る場合があります。
その様な時には、皮脂の量をコントロールしてくれるビタミンB群を、豚コラーゲンと一緒に摂取する事で解決できます。
また、慢性腎臓病などの腎臓疾患がある方は、タンパク質の摂取量に制限がかかっているので、消化吸収する過程で体に負担がかからないように、必ず医師に相談するようにしましょう。